みずほ銀行戦(関東社会人リーグ1部 四戦目)


10月15日(日)

前回の東京消防庁との激闘から中5日。

みずほ銀行との一戦に臨みます。

東京消防庁戦で見えた自分達の闘い方のヒントを活かし、何としても勝利に繋げたいところです。

 

雨が降る中で迎えたキックオフ。両チームともキックを軸にゲームの組み立てを図る中、

まず先手を奪ったのはみずほ銀行でした。

JRのハンドリングエラーとペナルティーにより得た右ゴール前ラインアウトから

モールを押し込み開始2分で5点を先制します。

JRもキックを有効に使い敵陣への侵入に成功し、

22m内ゴールポスト真正面の位置でペナルティーを獲得します。

ここは冷静にペナルティーゴールを選択し、これを原谷がきっちりと決めすぐさま3点を返します。

そこからはしばらく自陣での時間帯が続きますが、前回の東京消防庁戦と同様に

激しいタックルと内から湧いてくるディフェンスで得点を許しません。

相手のハンドリングエラーにも助けられるも、こちらもハンドリングに苦しみ

20分近く膠着状態が続きましたが、27分についにスコアが動きます。

JRのキック処理ミスで生じたアンストラクチャーをみずほ銀行が逃さず、

一気にトライまで持ち込みます。

意外な形で均衡が崩れると、フランカー横山をハイタックルによるシンビン(10分間の一時退場)で

欠いたことも相まって、我慢の時間が長かった反動からか32分・36分にも連続トライを献上してしまい、

こちらは1本のペナルティーゴールを返すにとどまり、前半を6-24の18点差で折り返すこととなります。

 

ハーフタイムでは選手間で、主にこの悪循環はどこからきているのかとその改善策について話し合い、

後半まずは先に点を取ることをチームの統一認識として後半へ向かいます。

 

しかし後半も先手を奪ったのはみずほ銀行でした。

後半開始5分、JRゴール前でのJRボールスクラム。

これをターンオーバーされ、そのまま右端に飛び込まれて簡単に追加点を許してしまいます。

このトライにより、6-29とされ非常に苦しい状況に追い込まれます。

それでも諦めることなく、何とか反撃に転じようと激しく身体を張り、

ターンオーバーに繋がるタックルや、相手ボールスクラムを押し込むなど、

目を見張るシーンは生まれますが、中々得点を奪うまでには至りません。

何度かビッグチャンスも訪れますが、決定的な場面を作ることができません。

結局流れを掴み切ることはできず、一つのペナルティーを犯したことをきっかけに

カウンターアタックを食らってしまい、後半も30分を過ぎたところで逆に6-36と点差を広げられてしまいます。

さすがにこれが決定打となってしまい、またしても前半同様ラスト10分でさらに2トライを追加され、

6-48とノートライでの敗戦となりました。

 

結果的に大差をつけられ、その原因はもちろん自分たちの弱さにあるのは間違いなく、

途中で集中力が切れてしまったことは大いに反省の余地がありますが、

選手たちは決して悪いプレーをしたわけではありません。

ディフェンスに関してはいつも通り質の高いタックルも多く充分及第点を与えられるもので、

アタックに関しても狙い通りのプレーを出せた場面もあり、評価できるポイントは多々ありました。

点の取られ方も試合の趨勢が決するまでは、相手がキックしたボールにチャージに行った選手の手が

中途半端に当たってしまい相手のオフサイドを解消させてしまうといった『ちょっとしたこと』が

原因となるものがほとんどで、それ次第では違った展開に持ち込むことができたのでは?

と思ってしまう内容でもありました。

これはもちろん思い切り言い訳がましく、その『ちょっとしたこと』も実力の内で、

それを制することがラグビーで勝つために必要な要素であり、制することができないのは自分たちに原因があります。

それらを全て受け入れて、『ちょっとしたこと』をしっかりと味方につけられるよう、

しっかりと反省・改善に取り組み、次戦に臨みたいと思います。

 

この日も各職場の同僚や関係者の方々が雨の中たくさん応援に駆けつけてくださいました。

中々結果に出すことができず、もどかしい気持ちでいっぱいですが、

この後も変わらず前を向いて挑んで参りますので、引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします。

 

トライ

なし

M.O.M!!

14.本村 侑也

選出理由:キックを中心に据えたゲームプランの中で、そのキックにより大きく陣地を挽回するなど大いに貢献した。またゴール前でのピンチ時には激しいタックルで相手のアタックを寸断し、ディフェンス面でもチームを救う活躍を見せた。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です